地球温暖化とともに、日本を襲う台風は毎年深刻な被害を及ぼしています。地震と違い予知しやすい災害にもかかわらず、避難が遅れる原因はなぜか?豪雨災害などの危険を分かりやすくするため、国は5段階の「警戒レベル」を決めました。今回の定例会では、様々な方向から、命を守り会社を守る行動に役立つ情報を共有紹介いたしました。 当日の資料は順次アップロードいたします。

日時: 9月20日(金)13:00-16:45 (12:40受付)

場所: 千代田区立日比谷図書文化館 小ホール

東京都千代田区日比谷公園1-4 日比谷図書文化館4F   

アジェンダ:(敬称略)

12:40受付開始
13:00オープニング
13:15基調講演「リスク分析の重要性」
レジリエンス協会 代表理事 黄野吉博
資料:20190920_Kohno
13:45「気象情報とイマジネーション」
(株)ウェザーニューズ 気象予報士 宇野沢達也 
https://jp.weathernews.com/
14:30休憩
14:45「 災害とマンションの対応 」
 一般社団法人マンションライフ継続支援協会(MALCA)  
http://www.malca.or.jp/
副理事長  石附 弘
「江戸川区の水害ハザードマップ<ここにいてはダメです>」
MALCA相談役  飯田太郎
15:30「ビックデータ・AIを使用した災害情報の判断サポートプラットフォーム」
アビームコンサルティング株式会社 ダイレクター 榎本吉秀
https://www.nlppf.net/portal/
16:15Q&A
16:45 閉 会

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事