会場:京都大学 東京オフィス http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/tokyo-office

プログラム

13:20 ~ 14:00『会長講話(代打)』
(株)インターリスク総研 田代邦幸
【配布資料(PDF):140515_kouen1_kaicho_daida.pdf
14:00 ~ 14:50『情報システムを災害から守る事業継続マネジメントの取組み』
富士通(株)顧問、ジスクソフト(株)顧問、元富士通エフサス社長 関根英雄
2011年の東日本大震災、タイでの大洪水で被災した情報システムの復旧を支援した経験と、長年の保守・運用によりお客様のビジネスに貢献してきた立場から、事業継続を支えるICTの課題と対策について。
【配布資料(PDF)】
15:00 ~ 16:10『被災時の情報収集とIT利用』
(株)レスキューナウ危機管理研究所 所長 市川啓一
災害時に必要な情報を発信してきた経験から、情報収集の目的と利用方法の紹介。発災後、誰が、どうやって、何をするか、分単位で行うべきプロトコルが定義されたツールをデモを交えて紹介。情報整理と共有に ICTを 使用することで、動けるBCP構築の話をされた。
【配布資料(PDF):140515_kouen3_IT.pdf
16:20 ~ 16:50『ICT担当者のためのISO規格比較』
SCSK株式会社 内部監査部 シニアマネージャ 田中弘明
ISO27001改訂版の、『事業継続管理』に関する変更点とISO22301の関係について解説。ICT担当者がよく参照するセキュリティ標準(ISMS)とBCMSとの比較をすることで、両規格を適用する場合の考慮点を分かりやすく説明された。
【配布資料(PDF):140515_kouen4_ISO27001.pdf
16:50 ~ 17:10『レジリエンス協会の活動』
社会、組織、ICT、海外文献翻訳の各チーム代表者
【配布資料(PDF):ICT部会:140515_report1_ICT.pdf社会チーム:140515_report2_syakai.pdf組織チーム:140515_report3_soshiki.pdf

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事